ドクターズダイエットのキャットフードはどう?

食いつきがよく人気があります

ドクターズダイエットのキャットフードは動物病院の処方で安心して猫に食べさせることができます。
好き嫌いのある猫でも食いつきがよく、肥満予防にもなりますし、良好な健康状態を維持できるのが特徴です。
ドクターズダイエットのキャットフードを食べさせていると尿結石や腎臓病など猫にありがちな病気になることもなく、病気になりにくいという口コミが多く、リピーターが多いのが特徴です。
販売店が少なく、通販か動物病院での購入になってしまうところがデメリットですが、栄養バランスのとれた療法食としておすすめです。

療法食をメインに販売しているペットビジョン

ドクターズダイエットを販売しているのはペットのドラッグストアがコンセプトのペットビジョンです。
療法食をメインに販売しており、健康維持を目的とした動物病院で推奨されているペットフードです。
PHエイトやライトカロリーなど栄養バランスが良くカロリーが低いのが特徴で、良質な原材料を用いて、国内で製造しているところもメリットです。
合成酸化剤、着色料を使用しておらず、ジュニア、エイジング、ハイシニアなど年齢に応じて必要な栄養素を補充したタイプを食事にすることができます。
総合栄養食ですのでフードと水だけで必要な栄養素を摂取することができます。

アズミラのキャットフード、知ってる?

アズミラのキャットフードの特徴

大切な家族の1員の猫ちゃんのために考えたアズミラのキャットフードの特徴は、すべての猫種や年齢に合うように作られています。最高品質で安心安全のキャットフードとして、無添加で無着色の健康を考えた栄養がたっぷりと入っているので、給餌量を調節する事で毎日を健康的に過ごす事が出来ます。アズミラのキャットフードは世界最高基準の安心が出来るキャットフードとして、1粒1粒にこだわりがあり、大きさも考えて作られています。本気で猫ちゃんの健康を考えた、美味しく毎日の健康管理にも適切なキャットフードです。

全ての猫の健康を考えているキャットフードです

アズミラのキャットフードは餌の量を調節する事で、すべての猫の種類や年齢にも合うコンセプトで作られているキャットフードです。無添加のキャットフードとして品質にこだわりながら、美味しく健康的に維持出来るようにと工夫され、人間が食べても害のないものばかりを使用して作られているのが特徴です。家族の一員でもあるペットのためにも、健康で長生きしてもらいたいなどと考えている方には、アズミラのキャットフードで猫の健康を損なわない栄養の食事を与えてあげる事が必要です。防腐剤や酸化防止剤なども一切使用していないので、安心した食事が出来ます。

キャラットミックスのキャットフードのメリットについて

何と言っても値段が安い。

キャラットミックスのキャットフードを長年愛用していますが、一番の魅力は、何と言っても値段が安いことです。
当たり前のことですが、猫の餌は毎日毎日、そして何年もあげるものですから、正直、キャットフード代はばかにならないものです。特にうちでは猫を多頭飼いしているので、値段の安いキャットフードはとても魅力的です。しかもペットショップやスーパー、ネットでも手に入りやすいので、うっかり買い忘れてしまって、次の日の分がない、という場合にもすぐに手に入るというのも大きなメリットのひとつです。

猫たちが好んでよく食べてくれる。

うちの猫たちはキャラットミックスのキャットフードをよく食べてくれるのも、キャラットミックスのキャットフードを愛用している理由のひとつです。キャラットミックスのキャットフードは国産で安心ですし、原材料にも猫に悪いものは一切入っていません。しかもフレーバーの種類が多いので、猫たちが飽きずに食べてくれるのだと思います。
そして500gずつパックになっているので、いつも開けたての新鮮なものを食べることができるのもメリットです。うちでは違うフレーバーのものを何種類か買い、ローテーションして食べさせています。

キャットフードは1日何回あげるのが正しいの?

キャットフードをあげるタイミングと回数とは

キャットフードをあげる回数は朝晩2回がおすすめです。
起きたときと夕ご飯のときに用意すれば、一緒の時間に食事をとることができます。
猫は基本的にはお腹がすいたときに必要な分だけキャットフードを食べるので、どのくらいあげればいいのかは体重によってグラム数が決まってきますが、毎日同じお皿を使ってどれくらいたいらげるか、どれくらいあげたら残すかをチェックすれば目安になります。
ウェットフードの場合には9割が水分といわれていますのでそのままでもかまいませんが、ドライのキャットフードを上げる場合には水をたっぷり用意しておき、いつでも新鮮な水を飲めるようにしておくことが大切です。
フードを出しっぱなしにしておくとほこりが入ったりして衛生的によくありませんので、時間が来たら片づけるようにして猫にもごはんの時間が決まっていることを憶えさせることが大切です。
水はいつでも飲めるようにたっぷり用意しておき、場所を決めておくことでごはんの場所を憶えてくれます。

間食はどうすればいいの?

腎臓病など疾患がある場合には専用フードのみを食べたほうがいいので間食は不要ですが、健康で元気な猫であれば、おやつを上げると喜びます。
病気の時や食欲のない時などこれだけは喜んで食べるというフードを出すと食欲が戻るときもあるので、おやつもいろいろ試してみることが大切です。
フードに振りかけるタイプ、ささみや液体、ジュレタイプ、ドライフードを柔らかくしたものなど食感や味、使い方に工夫がなされています。
ウェットタイプはほとんどが一般食として販売されており、ドライフードと比較すると必要な栄養素が不足し、ドライと併用で食べることを進めているものがほとんどで、おやつと同じ扱いになりますから注意が必要です。
ヒルズサイエンスダイエットは専門食であり、肥満や腎臓などの疾患に対応した食事でウェットも総合食になりますので値段が高めになっています。

キャットフード選びのために猫の必要カロリーを知っておこう!

cat-1333926_640

猫に必要な1日のカロリーはどのくらい?

一緒に暮らしているね猫ちゃんには1日でも長く長生きしてほしいですよね?長く健康に生きるには食事に気を使うことが不可欠であり、食事は猫の毎日の健康に大きくかかわってきます。個体や運動量にもよりますが、食事量の目安としては、大体1日に体重1キログラムに対し、約80kca程度だといわれています。ただ、これは一般的な数値であり、キャットフードをあげる際は、飼い猫の種類による代謝重量や安静時エネルギー要求量(RER)、1日当たりのエネルギー要求量(DER)を知っておいた方が便利です。安静時エネルギー要求量(RER)は70×(猫の体重kg)0.75で求めることができます。
また、一日に必要なエネルギー要求量(DER)はRER×係数で求めることができ、係数は子猫・母猫なら2.5、避妊去勢されていない若い猫なら1.4、避妊去勢された猫であれば1.2、肥満傾向の猫・高齢期の猫の場合は1.0、減量の必要な猫の場合は0.8となっています。

RER、DER数値を参考にしてキャットフード選びを

1日当たりのエネルギー要求量(DER)は上記の計算で導き出すことができるので、これらの数値を参考にして愛猫のキャットフードの量を決めると、多すぎたり少なすぎたりせずに1日に必要な適量カロリーを摂取させることができます。
また、1日に必要なエネルギー要求量(DER)に沿って餌選びをする際に注意したいのが栄養バランスです。通常体重の猫なら特に気にする必要はありませんが、肥満傾向の猫やダイエットが必要な猫で、食事量を制限しているときには三大栄養素とビタミン・ミネラルが不足しやすくなります。特にタンパク質は犬と比べて猫の方が多く必要な傾向にあり、不足しやすい栄養素なので注意する必要があります。また、愛猫にダイエットをさせる際には急に食事量を減らすことはせず、ダイエットフードに切り替えたり、餌の量を徐々に減らしていくことが重要です。